【期間限定&数量限定 超早割35%OFF】
DELTA Pro 3 発売記念キャンペーン開催中

《徹底解説》失敗しない家庭用蓄電池の選び方

家庭用蓄電池は、電力を貯蓄することで停電時などに電力供給を提供する便利なシステムです。これらのシステムの需要は年々増加しており、蓄電池に対する興味関心も高まっています。 この記事では、家庭用蓄電池に関する情報を包括的に解説します。蓄電池の適切な選択には、住宅環境によって異なる特性を理解することが重要です。蓄電池を導入する前に考慮すべきポイントも併せて紹介します。

《徹底解説》失敗しない家庭用蓄電池の選び方

家庭用蓄電池とは?

家庭用蓄電池とは?

家庭用蓄電池とは、電気を貯めて繰り返し使用できる二次電池のことで、主に家電製品に電力を供給する目的で利用されます。ソーラーパネルで発電した電力を蓄えることもできるため、非常用電源になるほか、電気代の節約にも役立ちます。 充電可能な電気の量は製品によって異なりますが、停電時はエアコンなどの空調設備にも影響が出るため、暑さの厳しい夏や寒い冬には体調を崩す可能性があります。家庭用蓄電池を設置していれば、こうした緊急事態が起こっても、蓄電してあった電気を使えるため、リスクを大幅に軽減できます。 近年、災害時の備えや電気代の高騰が注目されていることから、家庭用蓄電池を導入する家庭が増加しています。環境への配慮から、自然エネルギーの利用が推奨されることも蓄電池導入の背景にあります。

⇒ソーラーパネルと蓄電池(ポータブル電源)はセットで導入すべき?導入が推奨される家庭

家庭用蓄電池のメリット・デメリットは?

家庭用蓄電池のメリット・デメリットは?

家庭用蓄電池のメリットは多岐にわたります。まず、再生可能エネルギーを最大限に活用できるため、ご家庭の電気代の削減が期待できます。また、緊急時に備えて非常用電源としても利用でき、停電時に安心感を提供します。さらに、環境にも優しい選択肢です。化石燃料に依存しないため、温室効果ガスの排出を削減し、持続可能な生活を支えます。また、エネルギーの分散化に寄与するため、エネルギーの安定供給をサポートするとも言えます。そして、家庭用蓄電池はスマートなエネルギー管理を可能にし、電力の消費と供給を調整します。これにより、電力ネットワーク全体の安定性の向上に繋がり、電力のロスを減少させます。

家庭用蓄電池のメリット・デメリットは?

一方で、家庭用蓄電池のデメリットとしては、ある程度の初期コストがかかる点が挙げられます。これには、蓄電池本体、インバーター、設置費用、場合によっては、配線、電気工事などの費用が含まれます。ただし、電気代の節約や省エネ効果が見込めるため、初期費用がかかっても長期的に見るとプラスになる傾向があります。また、2つ目のデメリットは、バッテリーは時間と共に劣化することです。家庭用蓄電池は永久に使えるわけではなく、充放電を繰り返すとバッテリーが少しずつ劣化していきます。バッテリーの寿命は製品に応じて異なり、1つの製品をより長く利用したい場合は、定期的なメンテナンスや部品交換を徹底する必要があります。これにより、維持費用が発生することもデメリットの1つです。さらに、家庭用蓄電池を設置するにはスペースが必要となる点も注意が必要です。特に、大規模なエネルギー需要を満たす蓄電池の場合、体積や重量も大きくなる傾向にあります。 家庭用蓄電池は、クリーンエネルギーへの移行を促進し、個人や家庭が持続可能なエネルギーの未来に貢献できる手段として注目されています。EcoFlowでは、今後も高性能で信頼性があり、産業分野や家庭のエネルギー効率を向上させる理想的な選択肢として皆様に選んでいただけるよう、より高い技術開発を推進しています。

⇒家庭用蓄電池を導入するメリット・デメリット、簡単に設置できる方法を解説

家庭用蓄電池の価格

家庭用蓄電池の価格

一般的に、家庭用蓄電池の価格は以下の要因に影響されます。 蓄電池の容量:容量が大きいほど、価格も高くなる場合がほとんどです。 ブランドやメーカー:知名度のあるブランドや信頼性の高いメーカーの蓄電池は一般に高価ですが、品質や購入後のサポートが保証されていることが多いです。 技術の進歩:新しい蓄電池技術が開発されると、より効率的でコスト効果の高い蓄電池が市場に登場することがあり、価格に影響を与えることがあります。 政府の補助金や税制優遇措置:一部の自治体では、家庭用蓄電池の導入を奨励する補助金や税制優遇措置が提供されており、価格に影響を与えることがあります。 お住まいの地域や市場の競争状況によって、家庭用蓄電池の価格は大きく異なることがあります。最新の価格情報を入手するには、複数のメーカーや販売業者から見積もりを取ることを推奨します。また、エネルギーや資源に関する専門コンサルタントに相談することも決定に役立つでしょう。

家庭用蓄電池の選び方や購入後に後悔しないための注意点

家庭用蓄電池の選び方や購入後に後悔しないための注意点

家庭用蓄電池の選び方について、購入後に後悔しないためのポイントを以下に挙げます。これらは、蓄電池を選ぶ際に考慮すべき重要な要素となりますので参考にしてください。 ご自宅の電力需要の評価 まず、自宅の電力使用状況を評価しましょう。電力使用量やピーク時の需要などを理解することが重要です。これによって必要な蓄電池の容量を決定できます。 蓄電池の容量 自宅の電力需要に合った適切な容量の蓄電池を選びましょう。容量が不足していると、期待した効果が得られないことがあります。 ブランドと信頼性 信頼性のあるメーカーから製品を選ぶことが大切です。知名度の高いブランドや評判の良いメーカーの蓄電池は品質が高く、アフターサポートが充実しています。 保証とサポート 蓄電池にはメーカー保証が付いていることを確認しましょう。長期間の保証がある製品は、信頼性が高いと言えます。また、メーカーのカスタマーサポートも重要です。 インバーターとの互換性 蓄電池はインバーターと連携して動作します。既存のソーラーパネルや発電システムとの互換性を確認し、必要であれば適切なインバーターを選びましょう。 コストとROI 初期コストだけでなく、蓄電池の運用コストやメンテナンス費用を考慮し、投資対効果(ROI)を計算しましょう。省エネと電力供給のコスト削減が期待できるかどうかを見積もります。 地域の規制や補助金制度 自分の居住地域での規制や補助金制度を確認しましょう。地域によっては蓄電池の導入を奨励するための支援が提供されていますので、是非活用しましょう。 これらのポイントを考慮して、家庭用蓄電池を選ぶ際には十分な情報収集と比較検討を行い、購入後に後悔しないようにしましょう。

EcoFlowの家庭用蓄電池EcoFlow DELTA Pro 3の特長は?

  • 設置不要で新たな蓄電システムを導入
  • 既存の据置型発電システムと簡単に連動可能
  • 期待を超えたコストパフォーマンス
  • DELTA Pro 3があれば系統連係させない家庭用蓄電システムを簡単に構築でき、施工費用が削減されます。

    どんな家でも、電気工事なしで蓄電システムを導入し、グリーンな節電生活が始められます。

    ケーブルを挿して電源を入れるだけですぐに使用することができます。

    [object Object],[object Object],[object Object]
  • DELTA Pro3は切替分電盤*を介して家庭の電気回路に簡単に接続できることで、ご家庭内のコンセント接続ではない照明など、よく使われる設備への電源供給が可能です。停電時は自動でバッテリー運転に切り替わり、普段使いにも非常用にも最適です。

    従来の家庭用蓄電池システムと比べて低コスト・高性能で、後から簡単に容量を追加できます。

    [object Object],[object Object]
  • EF-Image
EcoFlow DELTA Pro 3の製品紹介ページはこちら

EcoFlow DELTA Pro 3一台で一日中ご利用いただける家電製品使用時間シミュレーション

8時間

照明(10W DC)

8時間

照明(10W DC)

3

スマートフォン(11W)

3

スマートフォン(11W)

1

冷蔵庫(1000W)

1

冷蔵庫(1000W)

10

電子レンジ(1000W)

10

電子レンジ(1000W)

3

炊飯器(150W)

3

炊飯器(150W)

4時間

扇風機(40W)

2時間

ミニヒーター(500W)

10

ドライヤー(1200W)

10

ドライヤー(1200W)

2時間

テレビ(105W)

2時間

テレビ(105W)

おすすめの製品

おすすめの製品

DELTA Pro 3 +専用エクストラバッテリー +切替分電盤セット

簡単な工事で家庭用蓄電池 システムを構築!

詳しくはこちら
おすすめの製品

DELTA Pro 3

シンプルでパワフルな 家庭用蓄電池!

詳しくはこちら
おすすめの製品

DELTA Pro 3 +400Wソーラーパネル セット

太陽光で簡単にエネルギーを 手に入れよう!

詳しくはこちら
おすすめの製品

DELTA Pro 3 +専用エクストラバッテリー +切替分電盤セット

簡単な工事で家庭用蓄電池 システムを構築!

詳しくはこちら
おすすめの製品

DELTA Pro 3

シンプルでパワフルな 家庭用蓄電池!

詳しくはこちら
おすすめの製品

DELTA Pro 3 +400Wソーラーパネル セット

太陽光で簡単にエネルギーを 手に入れよう!

詳しくはこちら

Q&A

家庭用蓄電池に補助金制度はありますか?

蓄電池に対する補助金は主に経済産業省、環境省、国土交通省から提供されます。具体的には、「ZEH補助金」、「DER補助金」、「こどもエコすまいる補助金」などが国から提供される補助金の例です。これらの補助金は全国の自治体で利用可能で、特定の基準を満たせば申し込みができます。ただし、蓄電システム以外の項目について追加の条件が必要な補助金もあるため、詳細については各省庁や実施団体の補助金情報ページを参照してください。 出所:https://socialsolution.omron.com/jp/ja/products_service/energy/chikuden-navi/subsidy.html