【期間限定&数量限定 超早割35%OFF】
DELTA Pro 3 発売記念キャンペーン開催中

【2023年厳選】車中泊におすすめの車25種!快適なアウトドアライフを実現

【2023年厳選】車中泊におすすめの車25種!快適なアウトドアライフを実現

車中泊は、都会の喧騒やマンネリした日常から解放され、美しい自然環境と静寂の中で宿泊体験を楽しめる自由なスタイルです。 ストレスフリーな車中泊を体験したい場合、就寝人数に適した広い室内空間を持ち、シートのフルフラットや多彩なカスタマイズに対応できる車選びが大事になります。 この記事では、快適なアウトドアライフを実現したい人に向けて、車中泊におすすめする車25種とその特徴を詳しく紹介します。

車中泊をするなら車選びが大事!

車中泊をするなら車選びが大事!

車中泊とは、公共の駐車場やキャンプ場などの許可された場所で、車内での宿泊を体験するスタイルのことです。 旅先でホテルや旅館ではなく、車の中で宿泊を楽しむ車中泊では、ストレスなく睡眠できる広さと空間のカスタマイズ性を備えた車選びが大事です。 具体的には、想定する就寝人数で快適に過ごせる広さと高さや、フルフラットシートへの対応の有無などが重要な選定ポイントになります。さらに、マットレスやサンシェード、収納ボックスなどの車中泊グッズを揃えることも、車中泊の快適さと満足度アップに欠かせません。 ワンランク上のリッチな車中泊を実現したい人には、車内で電気を使えるポータブル電源や、冷房・暖房機能を搭載したポータブルエアコンの導入がおすすめです。

車中泊車におすすめのボディタイプ

車中泊では、広々とした空間を備えた車種に加えて、コンパクトなのに就寝スペースを確保しやすい車種も好まれています。 ここでは、車中泊車におすすめのボディタイプを5種類を紹介します。

  • ワンボックスカー(大人2〜3人+子供1〜2人)

    ワンボックスカー(大人2〜3人+子供1〜2人)

    出典:https://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/HIACE_WAGON/10063550/

    ワンボックスカーは、ワンボックス型のワイドな空間を備えたボディタイプで、車中泊との相性は抜群です。最大で大人2人〜3人程度、子ども1人〜2人が快適に車中泊を楽しむことができます。 ワンボックスカーは、車内スペースのカスタマイズ性が高いのが最大の魅力です。広々とした荷室があるため、フレームやマットレスを自由に組み合わせてベッドを設置することができます。もちろんフルフラットシートにも対応可能です。 車中泊用に利用する人が多いため、社外品車中泊グッズが充実しているのもワンボックスカーが選ばれる理由です。 ただし、他のボディタイプと比べて奥行きが長いため、一定の運転技術が求められます。
  • ミニバン(大人2人+子供1〜2人)

    ミニバン(大人2人+子供1〜2人)

    出典:https://www.goo-net.com/catalog/NISSAN/SERENA/10134547/

    ワンボックスカーと比べると車内空間が狭いミニバンですが、それでも十分な就寝スペースを確保できる車中泊におすすめのボディタイプです。 大人2人+子どもが1人〜2人いても居心地の良さがあるため、家族旅行にも向いています。 シートアレンジが多彩であり、多くのミニバンがリアシートを倒してフラットな寝床をつくることができます。また、荷物を整理しやすい収納スペースが多いため、旅の持ち物をスマートに収めることができるのもミニバンのメリットです。
  • ステーションワゴン(大人2人+子供1人)

    ステーションワゴン(大人2人+子供1人)

    出典:https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/LEVORG/10118866/

    ステーションワゴンは、通常のセダンより高さがあり、アウトドアやアクティビティの大型荷物を積めるスペースも備えたボディタイプです。 最大で大人2人+子ども1人程度の就寝スペースを確保でき、フルフラットに対応している車種も多くあります。 ワンボックスカーやミニバンより比較的燃費がよく、セダンベースのため走行性にも優れています。そのため、旅行で遠出することが多い人におすすめされます。 ただし、静音性がネックになる場合があるため、気になる人はSUVなども視野に入れましょう。
  • SUV(ソロorデュオ)

    SUV(ソロorデュオ)

    出典:https://www.goo-net.com/catalog/NISSAN/XTRAIL/10110173/

    SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)は、頑丈な外観と高い走破性を備えた、アウトドア愛好家に人気のあるボディタイプです。 ワンボックスカーやミニバンのような広々とした就寝スペースの確保が難しく、車中泊の適正人数は大人1人〜2人となります。 フルフラットにできることを前提に選ぶ必要がありますが、車中泊の人数さえ割り切ってしまえば快適に寝ることができます。また、フルフラットにしたときに凹凸がないタイプが車中泊におすすめです。 SUVは、荒れた道や未舗装路でも走行できる頑丈な性能があるため、ソロ・デュオでのアウトドアライフがさらに充実するでしょう。
  • 軽バン(ソロorデュオ)

    軽バン(ソロorデュオ)

    出典:https://www.goo-net.com/catalog/SUZUKI/JIMNY/10116608/

    ソロ・デュオ限定の車中泊であれば、コンパクトで走行に小回りの利く軽バン(軽自動車)もおすすめです。 室内空間は他の車種より狭めでも天井が高いため、大人2人までなら圧迫感は少ないです。リアシートを倒して横になるスペースを確保できる車種も多く、マットレスやクッションがあればぐっすり寝ることができます。 フルフラットに対応していないタイプの場合、フロントシートを倒して寝ることになるため、凹凸が気になってしまうことがあります。 比較的燃費が悪く、長距離の移動に適していませんが、購入コストが安いのが魅力的です。近場でのキャンプ場やアウトドアシーンでの車中泊であれば、大活躍するでしょう。

失敗しない車中泊車の選定ポイント

失敗しない車中泊車の選定ポイント

これから車中泊車を探す方に向けて、失敗しない重要な選定ポイントを紹介します。

  • フルフラットシートへの対応

    フルフラットシートとは、車内の後部座席や荷室の座席を倒して、平らなスペースを確保できる機能のことです。 フルフラットにすることで、足を真っすぐ伸ばせる快適な睡眠環境を確保できます。特にフルフラットにしたときに段差や隙間がない車ほど、車中泊に適しています。 多彩なシートアレンジができる車種であれば、荷物を置くスペースも確保しやすいです。

  • 就寝スペースの広さと高さ

    車内で十分な就寝スペースを確保するために、自分の身長よりも全長が長い車を選ぶようにしましょう。 室内幅に関しては、肩幅より500mm程度の余裕があると寝返りが楽になります。大人2人で寝る場合は、1,100mm以上の室内幅が推奨されます。 子どもと一緒に車中泊をする場合、子どもの身長よりも天井が高いと着替えが楽です。また、天井が高いほど開放感を感じられやすく、荷物も移動しやすくなります。

  • 専用の車中泊グッズが充実している

    専用の車中泊グッズのラインナップが充実しているほど、ストレスの軽減と満足度の向上に繋がります。 例えば、購入を予定している車で以下のようなグッズが使用可能か調べてみましょう。 • フラットベッド • サンシェード • マットレス • 収納ボックス • ベッド作成キット(社外品を含む) • LEDルームランプ さらに、キャンプ用品店やカー用品店、メーカーのオンラインショップなどで購入できる以下のアイテムもおすすめです。 • 寝具(寝袋・枕・毛布など) • 収納ボックス • モバイルバッテリー • ポータブル電源 • ポータブルエアコン • モバイル扇風機(冷風扇)など 電子レンジや炊飯器、電気毛布などを車内で使用したい場合には、いつでもどこでも電気を使用できるポータブル電源の導入がおすすめです。

  • 主な利用目的と実用性で選ぶ

    車中泊車を「誰とどのようなシーンで利用するのか」を考えて、適切なボディタイプを選択しましょう。 例えば、大人2〜3人以上、大人2人+子ども1〜2人の大人数で利用するなら、圧倒的な空間を誇るワンボックスカーに絞られます。ワイドなワンボックスカーの運転が不安な場合は、ワンサイズ落とした大型のミニバンを選択肢に入れましょう。 高速道路を使った長距離運転や遠出の旅行では、高燃費のステーションワゴンを選ぶことでコストを抑えられます。 キャンプやフィッシングなどのアウトドアで沢山活用したい場合は、険しい道での走行に優れた馬力のあるSUVがおすすめです。 一人旅で最低限の寝床を確保したい人には、コンパクトで小回りの利く軽バンも重宝します。 将来家族や旅の仲間が増えることも想定した、ボディタイプを選ぶことが大事です。

車中泊におすすめのワンボックスカー

車中泊におすすめのワンボックスカー3種とそれぞれの特徴を紹介します。

  • ハイエースワゴン(トヨタ)

    ハイエースワゴン(トヨタ)

    出典:https://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/HIACE_WAGON/10142852/

    トヨタの「ハイエースワゴン」は、普通免許で運転可能な車の中でも最大級の荷室空間を誇り、キャンパーに愛されている車種です。 <おすすめポイント> ①圧倒的な荷台スペースの広さとカスタマイズ性 ②室内幅が1,730mmで大人3人が横に並んで寝られる ③フロアマットや遮光パッドなどの社外品車中泊グッズが充実 ハイエースワゴンはフルフラットに対応しており、シートアレンジが多彩です。凹凸の少ないシンプルな設計のため、大人3人が横に並んでも快適な睡眠を得やすいでしょう。

快適な車中泊を実現する最強便利グッズを紹介

車中泊で「居心地と寝心地の良さをもっと高めたい」という人におすすめするのが、最強便利グッズと呼ばれているポータブル電源とポータブルエアコンです。 ポータブル電源とポータブルエアコンの基本的な性能とおすすめ製品を紹介します。

ポータブル電源

ポータブル電源とは、モバイルバッテリーよりも大容量かつ高出力で電源を供給できる機器のことです。 片手で持ち運べるボックスタイプが主流であり、AC・DC・USB・シガーソケットなどの多様な出力に対応しています。ポータブル電源への蓄電は、家庭用のACコンセントやシガーソケット、ソーラーパネルなどから可能です。 車中泊にポータブル電源を導入した場合、就寝中に電気毛布や扇風機を8時間以上使用したり、電子レンジやホットプレートで調理したりできます。他にも、複数台のスマートフォンへの充電やゲーム機の稼働、ドライヤーの使用など、多彩な活用方法があるのが魅力的です。 ポータブル電源で使える家電の種類や使用時間は、製品の定格出力やバッテリー容量で異なります。大容量のポータブル電源であれば、連泊にも安心して導入できます。

【おすすめ製品①】EcoFlow RIVERシリーズ

【おすすめ製品①】EcoFlow RIVERシリーズ

1泊での車中泊やアウトドアシーンとの併用でポータブル電源を導入したい人には、EcoFlowのRIVER 2 シリーズがおすすめです。 RIVER 2 シリーズは、どこにでも持って行きたくなる優れた軽量性と世界最速級の充電スピードを備え、コストパフォーマンスにも優れたポータブル電源です。 EcoFlow独自のX-Boost機能によって、消費電力の高い家電製品にも安全に給電することできます。 以下は、RIVER 2 シリーズの基本的なスペックと使用可能な電子機器の一例です。

  • EcoFlow RIVER 2 シリーズのスペック一覧
    EcoFlow RIVER 2EcoFlow RIVER 2 MaxEcoFlow RIVER 2 Pro
    300W500W800W
    450W750W1,000W
    256Wh512Wh720Wh
    24.5 x 21.5 x 14.5cm26.9 x 25.9 x 19.6cm26.9 x 25.9 x 22.6cm
    約3.5kg約6.1kg約7.8kg
  • 電子機器への充電回数や使用時間の目安
    19回38回57回
    13回26回39回
    3.4回6.8回10.2回
    7.9時間15.8時間23.7時間
    --0.768時間

【おすすめ製品②】EcoFlow DELTA シリーズ

【おすすめ製品②】EcoFlow DELTA シリーズ

連泊や大人数での車中泊や、自宅での緊急用電源としてポータブル電源を導入したい人におすすめするのが、EcoFlow DELTA シリーズです。 とてつもない高出力と大容量を備えたハイスペックモデルであり、ガソリン発電機に代わる安心・安全の蓄電システムでリッチな車中泊を実現します。 車中泊で多様な電子機器を使用することができ、キャンプやBBQに持ち込めばDIY機器や扇風機などにも使用できます。 小型冷蔵庫やエアコンを稼働できるパワフルな出力により、停電時や災害時に生活を守るためのアイテムとしても大活躍するポータブル電源です。

  • EcoFlow DELTA シリーズ スペック一覧
    EcoFlow DELTA 2EcoFlow DELTA 2 MaxEcoFlow DELTA Pro
    1,500W2,000 W3,000W
    1,900W2,400 W3,750W
    1,024Wh2,048 Wh3,600Wh
    40.0 x 21.1 x 28.1 cm49.7 × 24.2 × 30.5 cm63.5 x 28.5 x 41.6 cm
    約12kg約23kg約45kg
  • 電子機器への充電回数・使用時間の目安
    89回143回313回
    16回26回57回
    16~32時間29時間57~114時間
    1.8時間3.3時間6.5時間
    0.8時間1.6時間3.3時間
    0.5時間1.1 時間2.2時間

※さらに詳しい仕様を知りたい方は、EcoFlow「製品紹介ページ」をご覧ください。

ポータブルエアコン

ポータブルエアコンとは、冷暖房機能を搭載した持ち運びができる機器のことです。 一定の広さの室内の温度・湿度を調整することができ、夏は涼しく、冬は暖かい快適な車中泊を実現します。 家庭用エアコンのように設置工事が不要のため、車内だけではなく、キャンプ中のテント内でも活躍する便利な機器です。

【おすすめの製品】EcoFlow WAVE 2

【おすすめの製品】EcoFlow WAVE 2

EcoFlowが長年積み上げてきた技術力を持って開発された「EcoFlow WAVE 2」は、持ち運びができるサイズ感なのに、圧倒的な冷房能力・暖房能力を誇るポータブルエアコンです。 5分で10℃下げる1.5kWの冷房能力は、夏の蒸し暑い車内を汗一つ欠かない涼しい空間に変えます。5分で10℃上げる1.8kWの暖房能力は、冬場の寒くて眠れない車中泊をまるで家にいるかのような暖かい空間に変えます。 EcoFlowの「EcoFlow WAVE 2」は静音性にも優れており、小鳥のさえずり程度の動作音44dbで最長8時間稼働させられます。また、EcoFlow DELTA 2やEcoFlow DELTA Maxから給電することで、省エネモードを最大14時間稼働させることも可能です。 EcoFlow WAVE 2は、一度体験したら忘れられないほど快適な車中泊空間と旅の思い出づくりに貢献します。

  • EcoFlow WAVE 2の基本スペック
    1159Wh
    EcoFlow Wave 2 専用バッテリーパック EcoFlow DELTA Max EcoFlow DELTA 2 EcoFlow DELTA Proなど
    ソーラー:11-60V, 13A, 最大400W シガーソケット:12/24V, 200W, 最大8A 専用バッテリー:最大700W
    51.8×29.7×33.6cm
    約14.5kg
    省エネモード:8時間
    44-56dB
    550W/495W
    700W
    1,500W
    600W/540W
    700W
    1,800W

※さらに詳しい仕様を知りたい方は、EcoFlow「製品紹介ページ」をご覧ください。

まとめ

車中泊をストレスなく快適に楽しみたい場合、就寝人数に合ったボディタイプや、室内空間のカスタマイズ性などを考慮した車選びが大事です。 圧倒的な室内空間と積載量を誇るワンボックスカーは、大人2人でも窮屈にならない就寝スペースを確保できるため、車中泊車として人気があります。 ミニバンやステーションワゴンでも、フルフラットに対応している車種を選び、マットレスで凹凸を埋めることで足を真っすぐ伸ばしてゆっくり寝ることができます。 車中泊にありがちな「汗をかいて不快で眠れない」「寒すぎてなかなか寝付けない」という問題の解消には、AC電源が必要な電子機器を車内で稼働できるポータブル電源や、冷暖房調整が簡単にできるポータブルエアコンの導入がおすすめです。 独自の技術力とノウハウを集約したポータブル電源を開発するEcoFlowでは、車中泊に驚くほど手軽に導入できるコスパに優れた「EcoFlow RIVERシリーズ」や、業界最高水準のパワフルな稼働を実現する「EcoFlow DELTAシリーズ」を提供しています。 また、最新製品として強力な冷暖房能力とストレスフリーな静音性を備えたポータブルエアコン「EcoFlow WAVE 2」も好評をいただいています。 ぜひこの機会に信頼と安心を備えたEcoFlowの最強車中泊グッズを導入し、ワンランク上の車中泊を実現してみてはいかがでしょうか。